■ エンドネシア >> プレイ日記(7) ■

攻略時に思ったことや感じたことをつらつらと。ちょっと細かく書き過ぎ気味

ダンとロジャー&子供達 エンディング



018.「ダンとロジャー&子供達」 2001/06/20(Wed)

荒地ゾーン&山ゾーン

<< 山&荒地ゾーン:5日目〜8日目(7) >>

★ここの4日間は毎朝朝日を拝んでは、子供も捜す毎日。

・4人目の子供は『小さな板に刻まれた斧と矢』
  斧って所で木こりの何か…小さいだから…あ、看板か!!
・5人目の子供は『寝殿の、煙吐く目の見る先に』
  寝殿って事はモレイラの…そう言えばお香たいてたっけ。
・6人目の子供は『落ちて傷つきし谷間の底』
  こ、これは分かる。1度落ちて死にそうになった。ジャンプ台の谷だ!
・7人目の子供は『横切る枯れ玉の隠れし牙』
  枯れ玉? あ、荒地で1つだけカサカサ転がっているあれか〜。

こんな感じ。

★そして、仲直り大作戦は、
5日目に雨宿りのロジャーさんから「マグナムの弾」をもらい、
6日目にダンに「マグナムの弾」を見せる。ここまでは前と同じ。

そして、7日目。
お昼のダンさんに会いに行くと、”エモ”が使えるようになっている。
お前、ホントは淋しいんだろ? と「サビシイ」を使ってみる。すると、
「たまには、ありかな」と夕飯に誘ってくれた。貝のシチュー。
そうだよね、すぐ横で貝が沢山取れるもんね。それにしても、美味しそう♪

ロジャーさんも呼ぼうと提案。一瞬たじろぐがOKしてくれた。
きっと「自分じゃなくて、しずく君が誘ったんだから…」とか思ったに違いない。
早速、ロジャーさんに言おうとしたら、「予定があるんだ」と言われてしまった。
明日、また来ます。

この夜ダンと話すと、貝拾いが好きだと話してくれました。
宝捜しみたい、だって。可愛いかも、ダン。

8日目、子供を捜した後、ロジャーさんの所へ。
起きるのを待って話しかける。ダンが誘った事にしちゃったしずく君。上手いね。
ロジャーさんはビックリしたけど、喜んだ。
「アイツ変わったな…」だって。お前も来いよな。はーい、行きます!!

★★★★★

<< 山&荒地ゾーン:9日目〜10日目(7) >>

★今日は仲直りの日♪
早速日の出を見に、山へ。8人目の子供は『十字の屋根、安らかに眠る』
十字架と安らかとくれば、墓地! あ、あった家型のお墓。ビンゴ〜♪
この時、なんとなく、手を合わせてたって言う、ジェシーを目撃。
うーん、優しいんだね。ジェシー♪

★その後は時間があるので、それぞれの1日を密着してみるか。

ダンは、昼に話すと「そうか、ロジャーさんが来るのか…準備はしておくよ」と
言う。うーん、すっかりしずく君との食事ではなくなっているのか?
そして、夕方は「正直言って、気が重いよ」とか言い出すし…。

それでも時間になると、準備するダン。おなべがかわいい。
コトコト言ってて、きっといいにおいがするんだろうな〜。

ロジャーの方は「忘れる所だった」とか言ってる。おいおい。
「おう! いくぞ、ダンの家」という、言い方がなんかカッコイイねー。
この後、ずっと付いていってみたけど、なにもなかったな。

★それでは、念願の夕食会。
この貝のシチュー、ホントに飲めた。お腹がどんどんいっぱいになっていく。
すごいよ、ダン。満腹になるまで、一気に飲んでしまった。

2人の話は。うーん、
実はダンは大きな戦争の前の人なんだね。ロジャーは戦争のずっと後の人。
きっと、これから起きる戦争の事を、ダンに言っちゃったに違いない。
ダンの故郷は多分戦争に巻き込まれるだろうな。そりゃ、傷つくかも。

でも最後、帰ろうとするロジャーに向って、「また どうぞ」と言うダン。
振りかえるロジャー。うんうん、どうやら仲直りできたみたい♪

「僕の故郷でやがておこる事も、
          あの人達にとっては過去の歴史でしかないんだ…」

そんな重い事を言うダン。
その時、石像から神様が現れた。「思春期の神様 テッカMEN」
鉄仮面? 傷つきやすいハートを守る鉄仮面?
たしかに思春期って、そんな感じだよね。大人がキライになるし。
ここの文字があまりに早くて読めないので録画して読んじゃった。(笑)
でも、ハンバーグカレー好きだよね。ワーイ、な神様でした。

「ロジャーさんを誘ってくれて、ありがとう」
ダンの中で何かが変わったに違いない。よかったね2人共。

★徹夜での夕食会だったので、そのまま朝日を見に行く。
9人目の子供は『島の最北端で待つ』だ。最北端って言えば、雪がある所?
たしか1部半島みたいになってたっけ。その先で、子供発見。

もう、あと1つ。1日目に戻らないとね。

★★★★★

<< 山ゾーン:1日目(8) >>

★昨日のうちに、山のベッドで寝たので、6時に山で起きる。
これなら朝日に間に合うし。10人目の子供は『私達の背中』
…背中? 石像の後に回ってみると、いたよ。こんな所にいたよ。
捜さなくてもいいじゃんか(笑)

10人目の子供が元気よく飛び出した。
その時、石像から神様が現れた。「御来光の神様 サンさん」
岡本太郎? って思うのは歳だから?
だって、やっぱり太陽の塔だよね〜。どうも2人で1体の神様みたい。
だから、”私達”って言ってたんだね。今日も明日も照らしてください。
なんか、1番神様らしい、神様だったな…。

10人分のお願いのセリフが笑えたので、ここに書いちゃおう!

・1人目:「子供達を捜してください お願いします」
・2人目:「他の子供達も捜してください お願いします」
・3人目:「さらに捜してください お願いします」
・4人目:「懲りずに捜してください お願いします」
・5人目:「ガンガン捜してください お願いします」
・6人目:「またもや捜してください お願いします」
・7人目:「ついでに捜してください お願いします」
・8人目:「捜してくださいネッ お願いします」
・9人目:「捜しまくりですね お願いしまくりです」
・10人目:「最後です お願いします」

4人目〜7人目あたりが爆笑ゾーンです。毎回笑えたよ〜。

★これで、49神様。
ベッドの先の大きな石像に近づいてみる。
その時、石像から神様が現れた。「モノマネの神様 マネモネ」
…おい。モノマネって??(汗)じゃあ、大神様はどこ?
まあ、かわいいけどね、この神様。帽子の中が本体だし(笑)

さて、いきなり50神様開放してしまいました。

★その先に行くと、村が見える。たぶんここが最終目的地。
どうする、しずく君。行くのか? …セーブしようっと。(←それが正解。)


次回は、「エンディング」の巻。

★今日で50神様開放。とうとう全部開放。実はクリアしました。
でも長くなるから、エンディングは明日分に書きます。色々考えちゃった。
<総プレイ時間:30.5時間>





019.「エンディング」 2001/06/21(Thu)

エンディング

★さすがにエンディングなので、ネタバレ表記。
白文字で書いてありますので、見たい方はマウスで反転してね♪
<< エンデイング(1) >>

★50人目の先に行くと村が見えた。
ここから先は戻れないらしい。よし。ザザーっと滑り降りる。
村人がいたが、話すときっと終わりそなので、村を探索する。
ぐるっと外側を回ってみる。左に抜ける横道も発見。結構住み心地よさそう。

ギルルが見当たらない。きっと横道の先に居るんだろうけど、
今回は村人と話してみる。するとこの島の秘密を教えてくれた。
全てのご神体を壊すと、元の世界に帰れる事はまちがいなかった。
が、それはこの島も同時に消えてしまうと言う…。

な、なにー!!
この島は砂で作った城のようで、モロイ人間のココロをすくい集めた物だったのだ。
きっとここの住人は何かしら、辛かったり、悲しかったり色々ある人たちなんだろ。
現実から逃れたい、何かがあったのかもしれない。
そんな人達が自然に呼ばれる島なんだろう。

そんな島を消滅から救う術はただひとつ。
しずく君がこの島に残る事。残ってギルルと結婚して、族長になって、
ご神体を立て直す事。これから島にやってくる人達の為にも…。

え? 帰れないの? せっかく壊した石像もまた神様封印して作っちゃうの?
今までの色々はなんだったんだろう?? と焦る私。
でも、村人も元々ここに来た人達らしくて、元の世界に戻れるけど、
ギルルと赤ちゃんだけはここ生まれなのでどうなるか分からない…。

うーん。でもギルルってあんまりよく知らないし、知らない子といきなり結婚?
(もうちょっと、お話しさせてくれ〜! ギルルと〜!)
悩んでみたがもうこれしか選べない。結婚するしかないしずく君でした。
そして、結婚式。まあ、ギルルちゃん可愛いからいいか。

そして流れるスタッフロール。(揺れる文字がかわいい。)
文字ばっかリ。あれ? 後日談とかはー!! と思っていると100年後。

長老になっているしずく君とギルル。
ギルルの「島に残って、後悔した事あるかい?」の質問に
黙って「タノシイ」の”エモ”を使うしずく君。やさしいね、しずく君。
そうか、後悔はしてないんだね。楽しかったんだね。なら、いいや。
しずく君が100年、楽しかったんならいいや。

でもこの後、事切れるしずく君。
せっかく納得したのに、なんで、ここで死ぬんだよ!!(怒)
とは思ってみたものの、最後まで他人の為に”エモ”を使うしずく君って、
やっぱりやさしいね。いいヤツだったんだね。

しかし〜、100年後じゃ、他の島の人達の後日談が分からない。
島はどうなったんだろう?? とか、人は増えたんだろうか?? とか、
結局あの三角関係はどうなったの?? とか、村の様子は?
新たなしずく君みたいな子供は来たの? もう知りたい事いっぱいなったのに、
それは全部想像するしかないじゃん。ガクーーン。

こうなったら、もう1つのエンディング見よう。

★★★★★

<< エンデイング(2) >>

★今度は村の人達と話さないように、横道に抜ける。
その先にはギルルが立っていて、しずく君そっくりの石像が…。
「そう、これが最後のご神体。ここに封じてあるのはオーカミサマ…」

ええ〜〜!!
しずく君が、大神様だったんかい! びっくり。しかも、
ギルルは大神様の事を島を壊す悪者だと言う。島を跡形もなく消してしまう。

「しずく君が私と結婚して、エンドネシアンになれば、このご神体は守られる。」
でもね…。ギルルがこう続けた。
「あたしにオト様やオカ様がいるみたいに、しずく君にも家族がいたんでしょう?
きっと、いろんな思い出が…」

あーん、ギルル。お前と結婚してもいいよ。こっち先に見てればよかったな。
この言葉聞いてれば、さっきのエンディングで即OKだしてたよ。ギルル〜!
でもしずく君。
その言葉を聞いて、家族の事を思い出してしまった。
あかあさん、おねえちゃん… (←母子家庭だったんか…。)
ヤッちん…(友達?) マナミせんせい… がっこうのみんな…

いろんな思いが飛び出して、ものすごく帰りたくなった、しずく君。
そして、最後のご神体が壊れるのだった…。

すると、神様復活の画面が1人称になる。
そしてギルルが画面の外の私に語りかけてきた。
「はじめまして、オーカミサマ」 え? 私が大神様??
あの50人分の神様の復活シーンを、今まさに神様の立場で経験している私。
最後に、こう来たか!!

そして最後、泣きながら、「元気でね…しずく君」とギルル。
いやー!(泣) そっちにいるよー。ギルル〜〜〜!!

そして流れるスタッフロール。
今度は戻ったみんなの後日談付き。ダンや、サーヤや、ランスさん…。
次々と写る。自動車で移動中のモレイラがサーヤを一瞬見かけたり、
その車をものすごい速さで走って追いかけるジェシーに笑ったりもした。
そして、マサノフさんの結果に愕然としたりもした。

そして、リコーダーの音楽が終るころ、公園に座るしずく君と、
買い物帰りに通りかかるお母さん、お姉さん。走り寄り家路につく…
そして終わり。

★★★★★

<< 終って思う事 >>

★ギルルはやっぱり消えたんだろうか?
そして、島にいた人達は戻ってこれて、幸せだったのだろうか??
島にいた事がいい経験になり、大きく成長した人もいる。
そのままあまり変わらない人も…。帰った事で死ぬ運命にある人も…。
島にいた方が幸せだった人もいるかもしれない。

そして、これからもそんな人達のために島は必要なのかもしれない…。
色々考えちゃうのは、この島や住人達を大好きになっているからだろうな。
まんまと、ヴァンプールの魔法にかかってしまっているみたいです。

2つの終り方、どっちが好きか? って聞かれると困る。
せめて島に残るエンディングで、スタッフロールに「ご神体をたて直すシーン」や、
「2人に子供が生まれるシーン」「その後のみんなのシーン」を入れて、
それから100年後だったら最高だったのにな。と思う。

★あー、それにしても見てないイベントいっぱいある。
ジェシーと地雷とか、ウサギとか、ラブレターとか…。いっぱい。

所で、私最後の最後までファンタジーゾーンのベッドを利用してたけど、
(だってしるべ石が1番近くて便利だったんだよー。)
それって、私だけかな? ちょっと知りたくなりました。


★とりあえずクリアです。面白かったです。でも淋しくもあったりして。
また見てないイベント捜して、ふらっと島に行くかもしれないあねでした。
次、なにしようかな? L・O・L?
<総プレイ時間:30.5時間>





BACK