■ 逆転裁判3 >> 第3話 「逆転のレシピ」 第一回・探偵 ■

第3話のシナリオチャートと法廷記録一覧です。攻略のお供に
詳しい答え部分は、『』内にネタバレ表記しています。見たい部分は反転して下さい
最短距離のみ明記のため、色々散らばってるお遊びな部分は省略しています


シナリオチャート 法廷記録(人物) 法廷記録(証拠品)



▼ 第3話 「逆転のレシピ」 第一回・探偵 ▼
<START>

 □ 成歩堂法律事務所
  ・マヨイとイトノコ刑事と会話
  ・<<雑誌の記事>>を法廷記録にファイル
  ・移動する → 「留置所」

 □ 留置所
  ・須々木 マコと話す
    「マコのこと」
    「事件について」
    「有罪判決」
    「もう1人の男」
  ・須々木 マコにつきつける → 『雑誌の記事
  ・移動する → 「吐麗美庵」

 □ 吐麗美庵
  ・マヨイと会話
  ・調べる → 『右の壁のマガジンラック
  ・<<スポーツ新聞>>のデータを法廷記録にファイル
  ・移動する → 「留置所」

 □ 留置所
  ・須々木 マコにつきつける → 『スポーツ新聞
  ・移動する → 「吐麗美庵」

 □ 吐麗美庵
  ・本土坊 薫と話す
    「吐麗美庵」
    「事件について」
    「オジさん」
  ・本土坊 薫につきつける → 『須々木 マコ
  ・本土坊 薫と話す
    「マコの動機」
  ・移動する → 「ビタミン広場」

 □ ビタミン広場
  ・ジーサンと話す
    「目撃したこと」
    「マコのこと」
    「吐麗美庵」
    「常連さん」
  ・調べる → 『手前のオレンジの上の雑誌
  ・<<シゴト誌>>をやや強引に拾った
  ・移動する → 「吐麗美庵」

 □ 吐麗美庵
  ・本土坊 薫につきつける → 『シゴト誌
  ・移動する → 「留置所」 → 「警察署・刑事課」

 □ 警察署・刑事課
  ・イトノコ刑事と話す
    「マコのこと」
    「被害者のこと」
    「調査の状況」
    「証言の食いちがい」
  ・イトノコ刑事につきつける → 『スポーツ新聞
  ・証拠品<<スポーツ新聞>>をイトノコ刑事にあずけた
  ・イトノコ刑事につきつける → 『本土坊 薫
  ・イトノコ刑事と話す
    「気になる本土坊」
  ・移動する → 「留置所」 → 「吐麗美庵」

 □ 吐麗美庵
  ・マヨイと話す
    「ウエイトレス」
    「ランチ」
  ・吐麗美庵<<ランチ>>のデータを法廷記録にファイル
  ・マヨイと話す
    「キッチン」
  ・移動する → 「キッチン」

 □ キッチン
  ・マヨイと会話
  ・調べる → 『中央のテーブル
  ・<<勾玉>>をポケットにしまった
  ・調べる → 『左下のケース
  ・証拠品<<小ビン>>のデータを法廷記録にファイル
  ・移動する → 「吐麗美庵」 → 「留置所」 → 「警察署・刑事課」

 □ 警察署・刑事課
  ・証拠品<<スポーツ新聞>>のデータをもう一度ファイル
  ・イトノコ刑事につきつける → 『小ビン
  ・証拠品<<小ビン>>をイトノコ刑事にあずけた
  ・イトノコ刑事と話す
    「本土坊のヒミツ」
  ・<<本土坊の借用書>>のデータを法廷記録にファイル
  ・移動する → 「留置所」 → 「吐麗美庵」 → 「ビタミン広場」

 □ ビタミン広場
  ・調べる → 『スクーター
  ・<<スクーター>>のデータを法廷記録にファイル
  ・ジーサンと話す
    「常連さん」
  ・ジーサンに”勾玉”をつきつける(サイコロック解除へ)
    1)料理が目当てではないという証拠 → 『つきつける・ランチ
    2)おカネがあまっているはずがない → 『つきつける・シゴト誌
    3)タダで読むことはできません! → 『つきつける・スポーツ新聞
    4)吐麗美庵に通っていたのは → 『つきつける・須々木 マコ
  ・解除成功
  ・ジーサンと話す
    「常連さん」
  ・移動する → 「吐麗美庵」

 □ 吐麗美庵
  ・マヨイにつきつける → 『五十嵐 将兵

 □ ビタミン広場
  ・五十嵐 将兵(ジーサン)と話す
    「目撃したこと」
    「吐麗美庵」
    「常連さん」
    「本土坊の前科」
  ・証拠品<<五十嵐のメモ>>のデータを法廷記録にファイル
  ・移動する → 「吐麗美庵」

 □ 吐麗美庵
  ・本土坊 薫に”勾玉”をつきつける(サイコロック解除へ)
    1)この人だったのでは?  → 『つきつける・本土坊 薫
    2)ヒトのものを盗んだことがある! → 『つきつける・五十嵐のメモ
    3)盗んだっていう、決定的な証拠 → 『つきつける・勾玉
    4)大金が必要だったんじゃないんですか? → 『つきつける・本土坊の借用書
  ・解除成功
  ・本土坊 薫と話す
    「マコの動機」
    「当たりクジ」
  ・<<五十嵐のメモ>>をゴミバコに捨てた

<つづく>








※以下、若干ネタバレてますので閲覧にご注意



▼ 法廷記録・人物ファイル(ここまででの入手分) ▼
名    称 入 手 方 法 解    説
 綾里 真宵(19) -  ぼくの助手。倉院流霊媒道の使い手。今もなお修行中。
 綾里 千尋(故人) -  ぼくの永遠の師匠で、真宵ちゃんのお姉さん。3年前に亡くなった。
 ゴドー(??) -  本名・国籍・年齢すべてが不明の検事。ぼくを知ってるようだが…?
 糸鋸 圭介(32) 第一回・探偵  所轄署の刑事。殺人の初動捜査を担当。通称イトノコ刑事。
 須々木 マコ(23) 第一回・探偵  吐麗美庵のウエイトレス。ぼくのニセモノの弁護のせいで、殺人の罪で有罪。
 本土坊 薫(39) 第一回・探偵  吐麗美庵のシェフ。事件の証人で、アロマテラピーがシュミ。
 岡 高夫(28) 第一回・探偵  被害者。コンピュータのプログラマー。マコとはいっさい、面識がない。
 五十嵐 将兵(68) 第一回・探偵  事件当時、吐麗美庵のいた目撃者。無類のウエイトレス好き。






▼ 法廷記録・証拠品ファイル(ここまででの入手分) ▼
名    称 入 手 方 法 解    説
 弁護士バッジ -  ぼくの身分を
 証明してくれる、
 大切なバッジだ。
 勾玉(まがたま) -  真宵ちゃんからもらった
 もの。心にヒミツを持つ
 人物に効力を発揮する。
     ↓
 真宵ちゃんから借りた
 もの。吐麗美庵の
 キッチンで見つけた。
 雑誌の記事 第一回・探偵  12月5日発行の雑誌。
 成歩堂弁護士が惨敗、
 依頼人が有罪になった。
 スポーツ新聞 第一回・探偵  吐麗美庵より発見。
 事件当日の12月3日付。
 <<詳細>>で内容を表示。
     ↓
 被害者の遺留品。
 ラクガキの筆跡も被害者。
 <<詳細>>で内容を表示。
 シゴト誌 第一回・探偵  ビタミン広場のベンチで
 拾った。
 オジさんが捨てたもの。
 ランチ 第一回・探偵  吐麗美庵のランチ。
 想像を絶するマズさで、
 おまけに2980円。
 小ビン 第一回・探偵  キッチンで発見。この
 ビンだけ、デザインが
 ちがう。中身は不明。
 本土坊の借用書 第一回・探偵  額面は5000万円。
 貸し主は、ローン会社
 <<カリヨーゼ>>。
 スクーター 第一回・探偵  ぼくのニセモノが
 乗っていた。ハデに
 カバーが壊れている。
 五十嵐のメモ 第一回・探偵  ”板前は、
 かっぱらいなり
 常習犯       将兵”





BACK