■ 逆転裁判3 >> 第3話 「逆転のレシピ」 第ニ回・法廷 ■

第3話のシナリオチャートと法廷記録一覧です。攻略のお供に
詳しい答え部分は、『』内にネタバレ表記しています。見たい部分は反転して下さい
最短距離のみ明記のため、色々散らばってるお遊びな部分は省略しています


シナリオチャート(前後編) 法廷記録(人物) 法廷記録(証拠品)



▼ 第3話 「逆転のレシピ」 第ニ回・法廷 ▼
<START>

【前編】

  ・証拠品<<小ビン>>のデータを法廷記録にファイル

 ■ 〜吐麗美庵で何があったか?〜
  ・【証言】「カップの手に、イヤホンにメガネ・・・」 → 『つきつける・岡 高夫

 ■ 〜”カガミ”について〜
  ・【証言】「でも、他のモノにはいっさい・・・」 → 『つきつける・現場写真
  ・この写真に”あるべきでないもの”とは! → 『つきつける・左側の花ビン
  ・この証拠と、アキラカにムジュンしています → 『つきつける・五十嵐の証言書
  ・イガラシさんが見た、”被害者”のムジュン → 『被害者はニセモノだった

 ■ 〜事件当時・店内の状況〜
  ・【証言】「たしか…そのすぐ後に、あのオジさんも・・・」 → 『ゆさぶる
  ・もう少し、情報を探ってみるか? → 『何時ごろ来たか?
  ・証言が変化
  ・【証言】「そのすぐ後、オジさんも来店を・・・」 → 『つきつける・長者ラジオのチラシ

  ・死体がかくされた場所は、どこですかな? → 『吐麗美庵の店内
  ・死体がかくされていたのはッ! → 『つきつける・キッチン
  ・死体が、そこにかくされた、それを立証する証拠 → 『つきつける・小ビン

 ■ 〜自供〜
  ・【証言】「あるオトコに命令されて・・・」 → 『つきつける・芝九蔵 虎ノ助
  ・彼に逆らえなかった。コイツがあるかぎり! → 『つきつける・本土坊の借用書


【後編】

  ・それなら、この証拠品の指紋を → 『つきつける・小ビン
  ・証拠品<<小ビン>>をイトノコ刑事にあずけた

 ■ 〜事件当日のアリバイ〜
  ・【証言】「去年の12月は忙しくてなあ・・・」 → 『ゆさぶる
  ・”事件が起こった日”なんだけど、どうする? → 『さらにゆさぶる
  ・証言が変化
  ・【証言】「事件当日もトーゼン、事務所や・・・」 → 『つきつける・高夫のカレンダー

 ■ 〜被害者・岡 高夫について〜
  ・【証言】「ワイは、行ったことないでェ・・・」 → 『つきつける・吐麗美庵のマッチ

 ■ 〜事件当日‥‥吐麗美庵〜
  ・【証言】「入り口のドアを開けた瞬間・・・」 → 『つきつける・吐麗美庵の上面図
  ・その<<真犯人>>! → 『つきつける・芝九蔵 虎ノ助
  ・”ウエイトレス”の正体は…! → 『つきつける・鹿羽 うらみ

 ■ 〜被害者との関係について〜
  ・【証言】「あのウエイトレスが妙なコトを・・・」 → 『ゆさぶる
  ・もっと…詳しくハナシを聞いてみるか? → 『丸く収まったこと
  ・証言が変化
  ・【証言】「ワイの目当ては・・・」 → 『つきつける・”うらみの診断書”か”クリーニング・ボンバー”のどちらか
  ・億単位のカネを(狙いとは?) → 『”うらみの診断書”か”クリーニング・ボンバー”の出してない方
  ・被告人にしかけたもう1つのワナ → 『つきつける・紙のバッジ

  ・証拠品<<小ビン>>をポケットにしまった

  ・犯行を立証する、最後の証拠品を! → 『つきつける・小ビン
  ・この小ビンに入っているのは… → 『猛毒の青酸カリ

【閉廷後】

  ・マコちゃんへの、無罪判決の<<お祝い>> → 『つきつける・イトノコのベントウ

<おわり>








※以下、若干ネタバレてますので閲覧にご注意



▼ 法廷記録・人物ファイル(ここまででの入手分) ▼
名    称 入 手 方 法 解    説
 綾里 真宵(19) -  ぼくの助手。倉院流霊媒道の使い手。今もなお修行中。
 綾里 千尋(故人) -  ぼくの永遠の師匠で、真宵ちゃんのお姉さん。3年前に亡くなった。
 ゴドー(??) -  本名・国籍・年齢すべてが不明の検事。ぼくを知ってるようだが…?
 糸鋸 圭介(32) 第一回・探偵  所轄署の刑事。殺人の初動捜査を担当。通称イトノコ刑事。
 須々木 マコ(23) 第一回・探偵  吐麗美庵のウエイトレス。ぼくのニセモノの弁護のせいで、殺人の罪で有罪。
 本土坊 薫(39) 第一回・探偵  吐麗美庵のシェフ。多額の借金があり、窃盗の前科を持つ。
 岡 高夫(28) 第一回・探偵  被害者で、プログラマー。左目に<<モノクル>>装備。左耳コマクが破れている。
 五十嵐 将兵(68) 第一回・探偵  事件当時、吐麗美庵のいた目撃者。公衆電話から警察に事件を通報。
 鹿羽 うらみ(25) 第ニ回・探偵  闇金融の総もとじめ、鹿羽 権太のマゴ。ひたすらうらめしげ。
 芝九蔵 虎ノ助(42) 第ニ回・探偵  ローン会社・カリヨーゼの社長。通称は<<ナニワのゼニトラ>>。
 鹿羽 権太(78) 第ニ回・探偵  街の闇金融をとりしきる、鹿羽組組長。1人きりのマゴ娘が生きがいらしい。
 小池 ケイコ(??) 第ニ回・探偵  株式会社<<バグダス>>の女社長で、岡 高夫の上司。ロボットではない。






▼ 法廷記録・証拠品ファイル(ここまででの入手分) ▼
名    称 入 手 方 法 解    説
 弁護士バッジ -  ぼくの身分を
 証明してくれる、
 大切なバッジだ。
 勾玉(まがたま) -  真宵ちゃんからもらった
 もの。心にヒミツを持つ
 人物に効力を発揮する。
     ↓
 真宵ちゃんから借りた
 もの。吐麗美庵の
 キッチンで見つけた。
 雑誌の記事 第一回・探偵  12月5日発行の雑誌。
 成歩堂弁護士が惨敗、
 依頼人が有罪になった。
 スポーツ新聞 第一回・探偵  吐麗美庵より発見。
 事件当日の12月3日付。
 <<詳細>>で内容を表示。
     ↓
 被害者の遺留品。
 ラクガキの筆跡も被害者。
 <<詳細>>で内容を表示。
 シゴト誌 第一回・探偵  ビタミン広場のベンチで
 拾った。
 オジさんが捨てたもの。
 ランチ 第一回・探偵  吐麗美庵のランチ。
 想像を絶するマズさで、
 おまけに2980円。
 小ビン 第一回・探偵  キッチンで発見。この
 ビンだけ、デザインが
 ちがう。中身は不明。
     ↓
 被害者の耳のクスリ。
 正体不明の指紋が付着。
 キッチンより発見。
     ↓
 被害者の耳のクスリ。
 芝九蔵 虎ノ助の指紋が
 付着している。
 本土坊の借用書 第一回・探偵  額面は5000万円。
 貸し主は、ローン会社
 <<カリヨーゼ>>。
 スクーター 第一回・探偵  ぼくのニセモノが
 乗っていた。ハデに
 カバーが壊れている。
 五十嵐のメモ 第一回・探偵  ”板前は、
 かっぱらいなり
 常習犯       将兵”
 岡 高夫の解剖記録 第一回・法廷  青酸カリによる中毒死。
 死亡推定時刻は、午後
 1時30分〜2時30分。
 吐麗美庵の上面図 第一回・法廷  殺人現場の見取り図。
 <<詳細>>で内容を表示。
 ×は被害者の席。
 現場写真 第一回・法廷  キッチン付近から見た
 現場の状況。
 <<詳細>>で内容を表示。
 コーヒーカップ 第一回・法廷  被害者が飲んだコーヒー。
 青酸カリが検出。被害者
 とマコの指紋が付着。
 被害者の宝クジ 第一回・法廷  5000万円の当たり
 クジ。マコの身体検査に
 よって発見。
 エプロン 第一回・法廷  事件当時、マコがつけて
 いた。小さなポケットと
 大きなシミがついている。
 青酸カリ 第一回・法廷  粉末状の猛毒。マコの
 指紋が付着。エプロン
 のポケットより発見。
 被害者の薬袋 第一回・法廷  被害者が吐麗美庵に来る
 前に、医者で処方された。
 袋の中はカラッポ。
 五十嵐の証言書 第一回・法廷  事件が起こった際、
 自分の席の花ビンを割り
 ました。ごめんなさい。
 長者ラジオのチラシ 第ニ回・探偵  毎週月曜・午後1時半!
 地上で最もスリリングな
 10分間をお届けします!
 イトノコのベントウ 第ニ回・探偵  入魂の手作りベントウ。
 おなかいっぱいの愛と
 ウインナーが詰ってる。
 クリニーング・ボンバー 第ニ回・探偵  カリヨーゼで発見。
 サインペンで名前が
 書かれた、サンプル盤。
     ↓
 カリヨーゼで発見。
 コンピュータ・ウイルス
 のプログラムが記録。
     ↓
 岡 高夫が作り出した
 コンピュータ・ウイルス。
 数億円の価値がある。
 修理代請求書 第ニ回・探偵  自動車修理代150万円。
 支払い人は芝苦蔵で、
 受領者は<<鹿羽組>>。
 紙のバッジ 第ニ回・探偵  カリヨーゼで発見。
 ボール紙を切り抜いて
 絵の具で色を塗ってある。
 吐麗美庵のマッチ 第ニ回・探偵  宣伝用の紙マッチ。
 カリヨーゼの事務所に
 落ちていた。
 高夫のカレンダー 第ニ回・探偵  事件当日の12月3日に
 <<ゼニトラに会う>>と
 メモが書きこまれている。
 ハズレ馬券 第ニ回・探偵  正式には勝ち馬投票券。
 岡 高夫の机より発見。
 500枚以上ありそうだ。
 うらみの診断書 第ニ回・探偵  頭部の手術費用として
 1億円が計上されている。
 支払い期限は去年中。





BACK