■ 逆転裁判3 >> 第4話 「始まりの逆転」 第一回・法廷 ■

第4話のシナリオチャートと法廷記録一覧です。攻略のお供に
詳しい答え部分は、『』内にネタバレ表記しています。見たい部分は反転して下さい
最短距離のみ明記のため、色々散らばってるお遊びな部分は省略しています


シナリオチャート(前後編) 法廷記録(人物) 法廷記録(証拠品)



▼ 第4話 「始まりの逆転」 第一回・法廷 ▼
<START>

【前編】

  ・<<おぼろ橋の上面図>>のデータを法廷記録にファイル

 ■ 〜事件のあらまし〜
  ・【証言】「美柳刑事は事件当日、ナニモノかに・・・」 → 『ゆさぶる
  ・証拠品<<被害者のメモ>>のデータを法廷記録にファイル
  ・【証言】「犯人は、死体をクルマのトランクに・・・」 → 『ゆさぶる
  ・証拠品<<現場写真>>のデータを法廷記録にファイル
  ・証言が変化
  ・【証言】「後部トランクの写真ッス。ヘンなトコロは・・・」 → 『つきつける・被害者のメモ
  ・証拠品<<マフラー>>のデータを法廷記録にファイル

 ■ 〜おぼろ橋で何があったか?〜
  ・証拠品<<目撃写真>>のデータを法廷記録にファイル
  ・【証言】「犯人は、押し倒した被害者の背中に・・・」 → 『つきつける・現場写真
  ・どこが…事件当日の状況とムジュンするか! → 『つきつける・コートの胸あたり
  ・橋の上は泥で汚れていた証拠 → 『つきつける・マフラー
  ・このムジュンにおける<<ニセの手がかり>>…それは! → 『目撃者の証言

 ■ 〜目撃写真について〜
  ・証拠品<<カメラ>>のデータを法廷記録にファイル
  ・【証言】「わたし、急いで決定的瞬間を・・・」 → 『つきつける・目撃写真
  ・証言が変更
  ・【証言】「10メートルほどで追いつかれて・・・」 → 『つきつける・おぼろ橋の上面図

 ■ 〜目撃‥‥犯行から逃走まで〜
  ・【証言】「運び去るほかに、死体をかくす方法など・・・」 → 『つきつける・おぼろ橋の上面図
  ・証言が変化
  ・【証言】「犯人は、盗んだクルマのトランクをコジ開けて・・・」 → 『つきつける・おぼろ橋の上面図

  ・今の発言…ムジュンはなかったかしら? → 『ムジュンしている
  ・トランクのキズを見たことがあった!なぜなら… → 『死体を入れたから
  ・この写真…シャッターを押したのは → 『つきつける・カメラ
  ・事件が起こったとき、どこにいたか? → 『つきつける・被害者のポイント
  ・事件当時…カオを忘れていた! → 『つきつける・被害者のメモ


【後編】

  ・証拠品<<ダイヤモンド>>のデータを法廷記録にファイル

 ■ 〜証人自身について〜
  ・【証言】「5年前、自分を逮捕した刑事さまを・・・」 → 『ゆさぶる
  ・たしかに、忘れっぽいみたいだけど… → 『さらにゆさぶる
  ・今の発言…どうかしら? → 『証言に加えさせる
  ・証言が変化
  ・【証言】「白いマフラーを持っていなくて・・・」 → 『つきつける・被害者のメモ
  ・現場で白いマフラーを見せられるハズ… → 『つきつける・マフラー
  ・メモの内容を知っていた第3の人物 → 『つきつける・美柳 ちなみ
  ・殺害した”動機”は! → 『つきつける・被害者のメモ

 ■ 〜5年前の事件〜
  ・【証言】「尾並田さまは、わたしを殺すために・・・」 → 『つきつける・おぼろ橋の上面図
  ・今の主張には決定的なムジュンがあります! → 『つきつける・目撃写真
  ・吾童川に身を投げた理由は…! → 『つきつける・ダイヤモンド

  ・犯行を証言できる<<証人>>とは…? → 『つきつける・尾並田 美散

 ■ 〜尾並田が見た人物 〜
  ・【証言】「まだ、アイツ、来てなかった。だから・・・」 → 『つきつける・目撃写真

<おわり>








※以下、若干ネタバレてますので閲覧にご注意



▼ 法廷記録・人物ファイル(ここまででの入手分) ▼
名    称 入 手 方 法 解    説
 尾並田 美散(25) -  私の依頼人。5年前に死刑判決を受けて、2日前、脱獄した。
 美柳 勇希(23) -  被害者の婦人警官。5年前、尾並田の死刑判決を決定した証言者。
 神乃木 荘龍(27) 第一回・法廷(前編)  ウデききの弁護士。私のセンパイで、目標。ほんのちょっぴり、キザ。
 御剣 怜侍(20) 第一回・法廷(前編)  検事局、始まって以来の天才と言われる検事さん。今日が初めての法廷。
 糸鋸 圭介(26) 第一回・法廷(前編)  所轄署の刑事。殺人の初動捜査を担当。刑事になったばかり。
 無久井 里子(19) 第一回・法廷(前編)  大学生。おぼろ橋にて事件を目撃、写真を撮影した。
 美柳 ちなみ(故人) 第一回・法廷(後編)  勇希の妹。5年前の誘拐殺人事件の被害者。橋から転落後、生死不明。






▼ 法廷記録・証拠品ファイル(ここまででの入手分) ▼
名    称 入 手 方 法 解    説
 弁護士バッジ -  私の身分を証明する。
 ピカピカに光った
 真新しいバッジ。
 美柳 勇希の解剖記録 -  背中をナイフで刺されて
 失血死。死亡推定時刻は
 午後4時〜5時のあいだ。
 おぼろ橋の上面図 第一回・法廷(前編)  急流・吾童川の上空12
 メートルにかかる吊り橋。
 <<詳細>>で内容を表示。
 被害者のメモ 第一回・法廷(前編)  警察の極秘資料で、
 被害者自身の筆跡。
 <<詳細>>で内容を表示。
 現場写真 第一回・法廷(前編)  尾並田のクルマ、
 後部トランクの写真。
 <<詳細>>で内容を表示。
 マフラー 第一回・法廷(前編)  事件当時、被害者が
 つけていたもの。
 おぼろ橋の上より発見。
 目撃写真 第一回・法廷(前編)  事件の目撃者が
 撮影したものらしい。
 <<詳細>>で内容を表示。
 カメラ 第一回・法廷(前編)  無久井 里子が、
 目撃写真を撮影したもの。
 高性能な小型カメラ。
 ダイヤモンド 第一回・法廷(後編)  時価2億円相当の原石。
 ちなみの身代金で、
 5年前、吾童川に消えた。





BACK