■ 逆転裁判4 >> おまけ:カワズ早口語録 ■

シリーズ恒例、インテリ系早口キャラの河津京作の喋りを書き出してみた
ネタバレなので、クリアしてから見るのをオススメします

※書き出し方法:画面を携帯でムービー録画し、一時停止しつつチェック


▼ カワズ早口語録 ▼
<第2話:逆転連鎖の街角 法廷パート(1日目)>

  ■ 前編 『名前と職業を聞かれた時』

      河津 京作(かわずきょうさく)
      と申します。

      ”職業”とは本来、社会に労働力を
      提供して”利益”を手にするという
      いわば”生存”を目的とした、活動
      を指すのですが、そういうイミでは
      ワタクシはある種、”無職”と呼ぶ
      べき状況の下に置かれている事実を
      認めるのにやぶさかではないつもり
      ですが、その一方で”職業”という
      言葉には通例として<<現在の身分>>
      というイミが、そこに付与され得る
      という事実もまた、住々にして存在
      するワケなのですが、つまりこれは
      日本語の持つ構造的な<<アイマイ>>
      がもたらす問題であり、ひいては
      世界における<<日本>>の閉鎖的な
      イメージと文化論にも与えるもので

  ■ 前編 『裁判長に証言するよう言われた時』

      <<見たこと>>‥‥と、あなたは
      カンタンにおっしゃるが、そもそも
      ヒトの眼球というものは2ケ、存在
      するものであり、おのおのそれぞれ
      受けとめた情報を分析・分類された
      のちに、脳内で映

  ■ 前編 『「買物帰りに公園を」をゆさぶられた時』

      これは、これは‥‥
      ワタクシとしたことが、
      ”コトバ足らず”でしたね。
      スーパーからの帰宅の際、公園を
      通ることによって節約される時間。
      ‥‥その時間で、ワタクシは
      入試問題を2問、解くことが可能。
      ワタクシは平均、1問解くのに
      3分24秒かかることから‥‥
      論理上、約6分48秒、節約できる
      という仮説を立ててよいでしょう。
      しかし、これがワタクシの
      ニガテな英語の問題であった場合は

  ■ 前編 『「正面から」のムジュンを指摘された時』

      ははあ‥‥そこをついてきますか。
      やはり。
      ‥‥よろしいでしょう。
      カンタンにご説明申し上げます。
      たしかに、この世界にはゲンミツな
      ”真正面”は存在しないでしょう。
      たとえば正確な”1メートル”の
      定義をご存知でしょうか。いわく
      ”クリプトン原子の発する光の波長
       の1,650,763,73倍”
      さて、そもそもクリプトン原子とは
      視床下部の希少原子であるという
      ジジツはよく知られているのですが、
      実はこれには意外な落とし穴が存在

  ■ 前編 『みぬきに「カワイソウなヒト」と言われた時』

      な。なんだシツレイなッ!
      たしかにワタクシは、血で書いた
      ラブレターを黒板に張り出されたと
      いう苦いケイケンがあり、そういう
      イミでは、”カワイソウなヒト”と
      呼ばれるのはムリもないと言える。
      しかし、その一方で

  ■ 後編 『多発するパンツ盗難事件を指摘された時』

      申しワケないとは思っていた。
      ‥‥でも!
      のき先に揺れている、パンツを目に
      するたび思うのです。もしかしたら
      今度こそ、そのシカケがわかるかも
      しれない‥‥あの晩もそうでした。
      彼女に街中を追い回されながら、
      <<今度こそ、我、真実をこの手に>>
      ワタクシは歓喜のナミダにむせび、
      ヨロコビに打ち震えていたのです!
      それなのにッ! またしても真実は
      我が指の間からスルリとスリ抜けて







BACK