■ 【PS2】THE鑑識官 >> File.05 霧の館 ■

第5話のシナリオチャートです。攻略のお供に
Q:は謎解き部分。ネタバレ表記しています。『』はミスカウント有、〔〕はミスカウント無

※【】内のものは入手した証拠品です。資料には(捜査資料)と明記
※正解以外の課に見せた時、ちょっと違った反応がある証拠品には正解の課の後に(△○○課)と追記


シナリオチャート 証拠品・捜査資料



▼ File.05 霧の館 ▼
<START>

 ■ 識子の家
  ・鑑太と会話

 ■ 4F:所長室
  ・所長や寒川刑事と会話
  ・何について聞きますか? → 全て選択
  ・【霧沼樹海】(捜査資料)を入手
  ・【白骨死体の写真】を入手
  ・移動する → 「3F:科研ラボ」

 ■ 3F:科研ラボ
  ・鑑定依頼
    【白骨死体の写真】 → 情報課(△法医課、物理課)
  ・何を知りたいですか? → 全て選択
  ・寒川刑事と会話
  ・移動する → 「霧沼樹海」

 ■ 霧沼樹海
  ・寒川刑事と会話
  ・移動する → 「洋館地下室」

 ■ 洋館地下室
  ・現場捜査
    カメラ撮影→地下室のシート辺り → 【地下室の鮮明な写真】
    調べる(ルーペ)→白骨死体 → 【白骨死体4体】
    調べる(ルーペ)→ナップザック → 【ナップザック】
    調べる(ルーペ)→中央の頭蓋骨 → 【頭蓋骨】
    調べる(ルーペ)→青いシートの何もない所 → 【カーペット】
    調べる(ルーペ)→左下の死体のキラッと光る部分 → 【鍵】
    調べる(薬品)→壁の赤い文字 → カメラ撮影 → 【壁の落書き写真】
    調べる(ルーペ)→奥のドア(鍵のチェック)してから、移動を選ぶ ※全て調べている事
  ・【地下室の様子】(捜査資料)を入手
  ・外へ
  ・寒川刑事と会話
  ・査之介や鑑太と会話
  ・移動する → 「車道終点」

 ■ 車道終点
  ・現場捜査
    カメラ撮影→自動車 → 【放置車の写真】
    調べる→車のドア(車内画面へ)
    ├ 調べる(ルーペ)→ハンドル前にある雑誌 → 【雑誌】
    └ 調べる(指紋採取)→ハンドル → 【車の指紋】
  ・全部調べてから戻ると自動的に移動
  ・寒川刑事と会話
  ・移動する → 「科学研究所」 → 「3F:科研ラボ」

 ■ 3F:科研ラボ
  ・寒川刑事と会話
  ・古畑博士と会話
  ・何について聞きますか? → 全て選択
    Q:空気中で人体が白骨化する期間は? → 〔1〜3年
    Q:頭蓋骨重量が重いのは? → 〔
    Q:もっとも性差が顕著な骨は? → 〔骨盤
    Q:頭蓋骨が完全に1つの骨になるのは? → 〔60歳
    Q:推定身長は? → 〔170p
  ・何について聞きますか? → 全て選択
    Q:このうち、男は何体だ? → 〔1体
    Q:男性の推定年齢は… → 〔60歳
    Q:頭蓋骨は何に使用したのか? → 〔ロウソク代わり
  ・【男性の白骨死体】を入手
  ・【頭蓋骨】(捜査資料)を入手
  ・鑑定依頼
    【ナップザック】 → 物理課(△情報課)  →  【ドナーカード】、【植物】、【ナップザック】(捜査資料)
    【壁の落書き写真】 → 情報課(△指紋課、化学課)  →  【壁の落書き写真】(捜査資料)
    【鍵】 → 化学課
    【カーペット】 → 情報課(△物理課)
    【放置車の写真】 → 交通課
    【指紋】 → 指紋課
    【雑誌】 → 情報課(△物理課)
    【男性の白骨死体】 → 化学課(△法医課)  →  【白骨死体】(捜査資料)
    【ドナーカード】 → 情報課(△指紋課)
    【植物】 → 生物課
  ・考察
    Q:彼らの所属する団体がわかるものはどれとどれでしょう? → 『【カーペット】、【雑誌】
    Q:ナップザックに付着していたのもので時期の推定に役立つものは? → 『【イノコヅチ】
    Q:廃墟で見つけたもので時期の推定に役立つものは? → 『【白骨死体4体】
    Q:登山道入口で手に入れた証拠から時期の推定に役立つものは? → 『【雑誌】
    Q:廃墟での事件が起こったのは? → 『2年前の秋
    Q:個人の持ち物で自殺でないといえる証拠は? → 『【ドナーカード】
    Q:地下室には自殺を疑える証拠がありましたな → 『【壁の落書き写真】
  ・寒川刑事と会話
  ・移動する → 「南東京市」

 ■ 南東京市
  ・長浜節子と会話
  ・何について聞きますか? → 全て選択
  ・【熊のぬいぐるみ】を入手
  ・【長浜節子】(捜査資料)を入手
  ・移動する → 「科学研究所」 → 「3F:科研ラボ」

 ■ 3F:科研ラボ
  ・鑑定依頼
    【熊のぬいぐるみ】 → 情報課  →  【熊のぬいぐるみ】(捜査資料)
  ・【中橋龍尊】を入手
  ・かんこさんと会話
  ・ほかに知りたい情報はありますか? → 全て選択
  ・【真空管協会】(捜査資料)を入手
  ・考察
    Q:鍵を使えば出られたのに地下室を出なかった訳 → 『鍵を隠した
    Q:誰が鍵を隠した? → 『中橋龍尊
    Q:鍵をどうやって隠したのでしょう → 『飲み込んだ
    Q:中橋の自殺の動機を示すものはこれよ! → 『【男性の白骨死体】

 ■ 4F:所長室
  ・所長や寒川刑事と会話
  ・廊下で剣崎検事と会話

<END>












※以下、若干ネタバレてますので閲覧にご注意



▼ 証拠品・捜査資料 ▼
名    称 入手場所 鑑  定  前 鑑  定  後
 白骨死体の写真 所長室  霧沼樹海の廃墟にて撮影。
 発見者は2名の大学生。
 死体が写っているというのだが。
 霧沼樹海の廃墟にて撮影。
 不鮮明。5体の白骨が映っている。

 ナップザック 洋館地下室  霧沼樹海の洋館地下室にて採取。
 4個見つかった。犠牲者の持ち物?
 霧沼樹海の洋館地下室にて採取。
 ドナーカードが見つかった。
 地下室の鮮明な写真 洋館地下室  -  霧沼樹海の洋館地下室して撮影。
 はっきりと内部が写っている。
 壁の落書き写真 洋館地下室  霧沼樹海の洋館地下室して撮影。
 血液反応があった。
 現地では判読できなかった。
 霧沼樹海の洋館地下室して撮影。
 全文判読。悲惨な出来事があったか?

 頭蓋骨 洋館地下室  -  霧沼樹海の洋館地下室にて採取。
 付着物はロウ。ほかの白骨より
 明らかに古い。ロウソク代わり。
 白骨死体4体 洋館地下室  -  霧沼樹海の洋館地下室にて採取。
 死後1〜3年と推定。1体は男性、
 約60代。女性は20代。
 鍵 洋館地下室  霧沼樹海の洋館地下室にて採取。
 白骨のあばらの間から見つかった。
 扉の鍵だった。不審な黒ずみアリ。
 霧沼樹海の洋館地下室にて採取。
 黄銅製の鍵。黒ずみは酸化銅皮膜。

 カーペット 洋館地下室  霧沼樹海の洋館地下室して採取。
 ブキミな図柄だ。
 霧沼樹海の洋館地下室して採取。
 ブキミな図柄が織り込まれている。
 放置車の写真 車道終点  霧沼樹海の登山口にて撮影。
 何年も放置されているように見える。
 地下室の死体と関係がありそう。
 霧沼樹海の登山口にて撮影。
 所有者は浅川翔子。

 指紋 車道終点  登山口の放置車の車内から採取。
 複数の人数分があるようだ。
 登山口の放置車の車内から採取。
 根住耕平の指紋が検出された。
 雑誌 車道終点  登山口の放置車の車内から採取。
 雑誌名は『ザ・真空管ワールド』。
 見たことのない雑誌だ。
 登山口の放置車の車内から採取。
 真空管協会の開始であることが判明。
 2年前の4月1日に書店に並んだ。
 男性の白骨死体 科研ラボ  霧沼樹海の洋館地下室にて採取。
 そのうちの男性の1体のもの。
 サンプル採取用に他の骨と分離。
 霧沼樹海の洋館地下室にて採取。
 そのうちの1体。抗がん剤を検出。

 中橋龍尊 科研ラボ  -  健康サークル団体、真空管協会の
 代表者。
 ドナーカード 科研ラボ  ナップザックの財布から見つかる。
 ナガハマ キョウコ23才と記載。
 ナップザックの財布から見つかる。
 ナガハマ キョウコ23才と記載。
 植物(イノコヅチ) 科研ラボ  ナップザックの底部より採取。
 ひっつきむしの植物?

 ナップザックの底部より採取。
 イノコヅチの種子。
 シーズンは9〜10月。
 熊のぬいぐるみ 南東京市  長浜節子さんより提供。
 長浜京子さんが大事にしていたもの。
 長浜節子さんより提供。ブローチが
 真空管協会のバッチと判明。
名    称 入手場所 概              要
 【霧沼樹海】 所長室  霧沼樹海で起こった白骨死体発見の概要。
 【地下室の様子】 洋館地下室  白骨死体が発見された地下室の様子や遺留品に関するメモ。
 【頭蓋骨】 科研ラボ  白骨死体が発見された地下室の中央にあった頭蓋骨に関するメモ。
 【ナップザック】 科研ラボ  白骨死体が発見された地下室にあったナップザックに関するメモ。
 【白骨死体】 科研ラボ  白骨死体の中の男性の骨に関するメモ。
 【壁の落書き写真】 科研ラボ  地下室の壁に血で書かれた文字の内容。
 【長浜節子】 南東京市  白骨死体の1人の女性の母親の事情説明。
 【熊のぬいぐるみ】 南東京市  長浜節子から提供されたぬいぐるみに関するメモ。
 【真空管協会】 科研ラボ  真空管協会の概要と活動内容に関するメモ。





BACK