■ エコリス >> ゲーム紹介 ■

「エコリス」の私的レビューv

▼ ゲーム紹介 ▼

ジャンル:
発売元:
開発元:
価格:
機種:
発売日:
プレイ環境:

個人的評価:
シミュレーション(リアルタイムストラテジー)
(株)インターチャネル・ホロン
(株)ライトウエイト
4,800円
Nintendo DS
2007年8月23日
1〜4人用/セーブ1つ Wi-Fi 対応

★★★★☆
■ストーリー
ここは、動物と妖精が仲良く暮らす「マナの森」。
そこに、国の開発のために”メカ”を使って「キングダム王国」がやってきた…!
主人公「ドリアン」は、協力してくれる森の仲間である、「エコリス・エコモン・エコビイ」たちと一緒に、キングダム王国の魔の手(環境破壊)から自然を守りに向かいます。
果たして森を守りきることができるのか…!?(公式サイトより抜粋)

■どんなゲーム?
エコロジーや環境問題をテーマにしたシミュレーションゲーム。
プレイヤーは森の精霊「エコリス」たちに指示を出して、森林破壊を進める敵の開発マシンを倒したり、木を植えたりして森を再生していきます。SLGお約束のマス目やターン制はなく、よりアクションアドベンチャー感覚でプレイ出来るのが特徴。Wi-Fiやワイヤレスでの通信対戦も有。
▼ レビュー ▼
「隠れた名作」といってもいい珠玉の1本。
絵柄とチビキャラわらわら感に惹かれて買ってみた所、これがすごい面白い。

このゲーム、ジャンルは「リアルタイムストラテジー」というもの。
あまり聞きなれないジャンルですが、要はターン制で敵と味方が交互に動くSLGとは違い、
敵も味方も同時にわやわやと動くというもの。リアルタイムという事で一見難しそうですが、
カーソルの役割が主人公(ドリアン)で、集団をぞろぞろ連れ歩いてその場で指示を出す為、
プレイ感は、ピクミンTHEネコ村のようなアクションアドベンチャーに似ています。
むしろ、思考型のターン制SLGより直感的で気軽な感じがします。
(親切なチュートリアルもあるので、RTS初体験でも安心v)

とにかく、小さい可愛い生き物をわらわらと連れて歩くのが楽しくて仕方ないです。
敵のロボットを倒した時の弾ける「ポン!」という音が心地いいし。

グラフィックも絵本のような温かみがあって、ストーリーはベタですが王道で分かりやすく、
育成時のお散歩イベントも可愛らしくて、どんどんエコリス達が愛しくなります。
(全員可愛いのですが、個人的には見た目ビーバーのエコビイがお気に入りv)

RTSとしてステージマップもよく考えられて作られていて、
動く床やスイッチ、扇風機やジャンプ台など、楽しいギミック等が沢山。
そこを、ゴリ押しだけでなく、3種の精霊の特徴をどう上手に使っていくかを考えたり、
主人公は敵を直接殴ったりできない(魔法はあるがマナ消費するので連呼できない)ので、
いかに主人公がダメージを受けずに、精霊達に戦ってもらうかを工夫する楽しみもあります。
(ダメージで倒れても「敗北」ではなく、主人公だけスタート地点に戻るだけなので気も楽)

ボリュームは本編はやや短いですが、
フリーバトルを含めて40マップ以上あるし、クリアしたマップは何度も遊べたりと、
DSでは頑張ってる方ではないかと。(さらっとやっても20時間以上は遊べます)
ランドメイク(MAP自作)は若干蛇足な気もしますが、はまる人はここで末永く遊べそう。

地味ですが、ソフト1本で4人対戦が遊べたり、左利き用があったりと心配りも好印象。

ただ操作性に、若干もどかしい所があります。
時折、攻撃先・移動先を指定する時のタッチが、思い通りに認識されない事があったり、
DSの狭い画面で主人公の周りにしか指示が出せない、キャラが最大数時の処理落ちなど。
慣れれば大丈夫なレベルですが、短気は人はダメかもしれません。(ので★4つ)

ただ、そんなもどかしい部分を吹き飛ばしても、ぜひ遊んで欲しい1本です。
ホント面白かった。

全体的にのんびり感が漂っているので、スピードや爽快感を求める人には合わないかも。
逆に可愛いものが好きで、まったり癒されたい人にはオススメです。
ママさんとキッズで仲良くプレイもいいかもしれません。

セーブが1つなのが残念ですが。(苦笑)
家族みんなでやって欲しいゲームなので、せめて2個欲しかったな〜。

Wi-Fi対戦も、売り上げがイマイチなのか、対戦相手がなかなか見つからないし。orz
隠れた名作にしておくのは、ホント勿体無い。(´・ω・`)
DSはRTSと相性いいので、今後も良作が出てジャンルの認知度が上がる事を願います。

それにしても、「キングダム王国」って、凄いネームセンスやね。
訳すと「王国王国」ですよ。プリンセス姫やプリンス王子みたいなノリ!!(08/01/16)





BACK