■ タイムホロウ -奪われた過去を求めて- >> キャラクター紹介 ■

簡単なキャラクター紹介です。ネタバレてますので閲覧注意


時尾家の人々 その外の人々



▼ 時尾家の人々 ▼
■ 時尾 歩郎(ときお ほろう) (CV:代永 翼)

 本編主人公。加古高校2年生
 17歳の誕生日の朝から『12年前に両親が失踪した』という世界に巻き込まれていく。
 時尾家に代々伝わる「ホロウペン」の継承者。友人達が次々と事件に巻きこまれ、
 友人の暗黒面を垣間見る事になっても、人間不信にならないのが不思議。意外と孤独な人。

■ フォ郎(ふぉろう)

 歩郎の飼い猫。歩郎のフォロー役。ぶにゃ〜と鳴くのが特徴。
 普段は歩郎のベッドで寝ているが、時折窓から勝手に出掛けている。元々は保の猫らしい。

■ 時尾 亘(ときお わたる) (CV:成澤 卓)

 歩郎の父親。歩郎の17歳の誕生日を境に12年前から失踪している状態になる。
 時尾家に代々伝わる「ホロウペン」の継承者。そのせいで、実年齢よりかなり老けている。
 後半若い姿で登場。若いとはいえ17歳の歩郎を軽々とお姫様だっこできるとはなかなか。

■ 時尾 秋(ときお あき) (CV:篠塚 由起子)

 歩郎の母親。歩郎の17歳の誕生日を境に12年前から失踪している状態になる。
 物事を難しく考えず、明るい性格で家族の事を一番に思っている優しいママン。
 でも濃い味は止めた方が良いと言われたら、逆にすごい薄い味にしてしまう極端な人。

■ 時尾 保(ときお たもつ) (CV:樋口 智透)

 亘の弟で歩郎のおじさん。
 初登場時はかなり怖い人だが、両親が行方不明になった世界で歩郎を育ててくれた良い人。
 ただ、恋人が死んだからと後追い自殺をしたり、喫茶店経営がポシャるとやさぐれたり…、
 きっと打たれ弱い人なのだろう。本作の最終兵器。主人公より美味しい所を持って行く。
 「ホロウペン」は一子相伝らしく、彼自身はホロウペンについて何も知らない。







▼ その他の人々 ▼
■ 一柳 清作(いちやなぎ せいさく) (CV:菅原 雅義)

 骨董屋アイオーンの店主。
 ジョーダンは髪型だけにしろと言いたくなるような、最悪の自己中ストーカー気質キャラ。
 色々キモすぎる。そしてしつこい。最後の最後まで怖い。どんな育て方するとこうなるのか。orz
 ただし、2周目の別ルートでちょっとだけ、「そんなに悪い人じゃないかも…」と思えるのが救い。

■ 一柳 奈緒子(いちやなぎ なおこ) (CV:足立 友)

 息子に振り回される人。もう1本の「ホロウペン」を持っている。全ては彼女から…。

■ 二宮 朔太郎(にのみや さくたろう)

 歩郎の担任。いい人。ゆえに不幸。

■ 三原 元樹(みはら もとき) (CV:箭内 仁)

 歩郎の親友グループの1人。バスケ好き。かなりモテるらしい。
 歩郎の近所に住んでおり他の2人より幼馴染色が強い。が、あるルートでいくら妹が殺された
 からとちょっと容疑が掛かったと警察に言われただけで、歩郎の事をまるっきり信用しなくなる
 という、まったくもって友達がいのない親友だったりする。家に1度も上げないし。本当に親友か?

■ 三原 和織(みはら わおり) (CV:川崎 芽衣子)

 三原の妹。加古高校1年生。短髪元気っ子。歩郎に片思いしているようだ。
 兄とも仲が良く、兄の怪我の心配もするいい子。よく九里に勉強を教えてもらっている。
 しかし、親友とケンカしたくらいで行方不明になるとは、どういう事だろう。

■ 四堂 俊太(しどう しゅんた)

 歩郎の親友グループの1人。年上の女性が大好きですぐ惚れる。
 気が弱いとあるが、キレると手が付けられなくなる。いわゆる豹変キャラ。しかしキレたから
 といって、ニッパーで人に致命傷を負わす事の出来るお前はヒットマンか! 恐ろしい恐ろしい。

■ 五島 凪(ごしま なぎ)

 歩郎の親友グループの1人。前半と後半で人生が大きく変わる人。
 前半は優等生のガリ勉。親友の妹が行方不明になっても宿題を優先する。恐ろしい恐ろしい。
 後半は犬大好きがこうじて、ペットシッター。表情も明るくこっちの方があってるようだ。

■ 六条 琴子(ろくじょう ことこ)

 喫茶店黒の巣の店長。
 ルートによって大人しかったりおしゃべりだったり。店長じゃなかったり。猫と会話が出来る?

■ 七沢 竜之介(ななさわ りゅうのすけ)

 まゆの彼氏。ルートによって死んだり殺したりと忙しい人。
 貧乏なのか彼女の自転車を新調できずにいる。公園で猫にエサをあげる微笑ましい一面も。

■ 八木 まゆ(やぎ まゆ) (CV:広瀬 有香)

 喫茶店黒の巣のバイトのウェイトレス。
 元気でおしゃべりな人。七沢という彼氏がいる。四堂に片思いをされていた。

■ 九里 祥子(くり しょうこ)

 和織の親友。加古高校1年生。大人しい眼鏡っ子。歩郎に片思いしている。
 変な占いに凝っている。大人しいは大人しいが、惚れた男が絡むと豹変するタイプ。なんせ、
 歩郎のプレゼントにと溜めたお金を無くした親友をなじって突き飛ばすという…。恐ろしい恐ろしい。
 三原同様、歩郎に容疑が掛かる時の歩郎への態度が世知辛い。惚れた男くらい信じてやれ。orz
 スタッフ達の彼女に対する情熱は本当に…(以下同文)

■ 十倉 想之香(とくら そのか)

 図書館の司書。クールな美人。
 四堂に惚れられている事は知らない。仕事での服装と私服のギャップが激しい。

■ 十一谷 新(じゅういちたに あたら)

 ジョンという犬を飼っている小学生の少年。おさんぽ大好き。よくトラブルに巻き込まれる。
 知らない人と喋っちゃダメが、簡単な自己紹介で知ってるから喋っていいに変わる素直な子。

■ 十二林 かのん(じゅうにばやし かのん) (CV:杉浦 奈保子)

 本編ヒロイン?
 ある事情でホロウペンで開けた穴を潜ってしまった為に、時の流れから外れてしまった。
 その為、ホロウペンの事も知っており孤軍奮闘する歩郎の前に幾度も現れる。
 仕方ないとはいえ、何年も大嫌いな人間に世話になるなんて、もしかしたら1番の被害者かも。







BACK