■ ジョニーの脱出大作戦 >> ゲーム紹介 ■

「ジョニーの脱出大作戦」の私的レビューv

▼ ゲーム紹介 ▼

ジャンル:
発売元:
価格:
機種:
発売日:
プレイ環境:

個人的評価:
脱出ゲーム(アドベンチャーゲーム)
(株)サクセス
2,940円
Nintendo DS
2008年8月28日
1人用/セーブ各話に1つ

★★★☆☆
■ストーリー
トレジャーハンターのジョニーは、潜り込んだ場所でマフォアのボス、スタンレーに見つかって地下室に閉じ込められてしまう。しかしその時、スタンレーがポロっともらした「宝」という言葉。その宝とは何なのか。ジョニーは地下室の脱出を試みる事に…。

■どんなゲーム?
さまざまな状況下にある、密室からの脱出を目指すアドベンチャーゲーム。
プレイヤーは、密室に閉じ込められた状態からスタートし、部屋をタッチペンで探索し、見つけたアイテムを駆使しながら、密室の謎を解いて脱出を図る。ストーリーは有るような無いような。
▼ レビュー ▼
※このレビューはクリア直後に書いたトピックス(08/09/01)を流用・改定しています。

---

サクセスの脱出ゲーム第2弾。
猛烈に惜しい1本。
このゲームを一言で言い表すと、面白い面白くないではなく、「短い」になってしまう。

設定も内容も悪くない。むしろ面白い。
でも、そんな論議をする前に、まず「短い」でバッサリ。
ボリュームのみで、ここまで評価を下げるゲームも珍しいんじゃないかな。

管理人もクリア後の第一声は「やったー」でも、「面白かった〜」でもなく、「短っ!」でした。
本当に、あっっっという間に終わってしまった
寝る前に遊ぼうと始めたら、眠くなる前にエンディングになってしまってビックリ。
4話しかないのは、事前に分かっていたけど、それでもビックリ。
まさに、クリアの達成感を瞬殺させる短さです。

短い、短いよジョニー。何か、すごい勿体無いよ、ジョニー。

主人公がトレジャーハンターなんて、脱出ものに最高の設定じゃないですか。
だって、トレジャーハンターって、危険や冒険に首を突っ込んで行くものなんだから、
いっくらでも大風呂敷広げられると言うか、何回トラブルに巻き込まれても、
「いやー、彼はトレジャーハンターですから」、の一言で済ませられるんだよ?
これ以上に、脱出への理由付けに困らない職業はない。

ホント、いくらでもステージ作れるのに。orz (仕掛け考えるのは大変だけど)

実際のステージも、面白かったんです。
前回遊んで、禿げそうになった「THE密室からの脱出」より理不尽じゃないけど、
ミスリード用の使わないアイテムの存在が、しっかりと悩ませてくれたりしたし、
適度に頭を使ってひらめく楽しさもちゃんとあったし、バカゲーのノリは笑えたし。

ただ捻りが少ない分、インパクトもなくて、脱出熟練者には物足りないかもしれません。
けど、裏を返せば捻りが少ない分、脱出初心者でも頑張れば自力で解けるんですよね。

その、入口に立った方々にも、脱出の楽しさを味わってもらえるという難易度は、
DSユーザーの嗜好と合ってて、実にピッタリだと思います。ここはすごい好印象。

ただし、やっぱり「短い」が、全てのプラス要素を相殺する破壊力。
ボリュームがせめて後+2話…いや倍だったら、自信を持って★4でも良いくらい。

でもダメ。このボリュームじゃ、手放しに心置きなくオススメとは言えん!

どーしても、「密室」の2800円で15ステージと比べてしまう。
それと比べたら、コストパフォーマンス的に良いとはいえないもんな〜。orz

すごい惜しいよジョニー。惜しすぎるよ。・゜・(/Д`)・゜・。
せっかく中身面白いの作ったのに、短いってだけで正当な評価されないんだもん。
サクセスー! ここん所、迷走中ですよサクセスーー!!

と、いう訳で、定価で買うと高い買い物ですが、
中古で2000円切ってたら値段相応かと思いますので、この値段ならオススメです。

脱出は難しいと感じてる方や、脱出初心者さんはぜひ〜!

なんのかんの言いましたが、ゲームの内容自体はすごい好きなので、
最大の欠点を克服した、ボリューム倍以上の「ジョニー2」! 出たら買います。(08/09/04)





BACK