■ 采配のゆくえ >> 第四話 命がつなぐ道(その一) ■

第四話(戦略パート・その一/その二/その三)のシナリオチャートと情報一覧です。攻略のお供に
青文字は合戦の支持や注目などのコマンド類、緑文字は入手した情報です。
はっきりとした部分はネタバレ表記。『』はペナルティ有、「」はペナルティ無と区別しています。
〔〕は、書いてしまうと面白さが損なうだろう情報等のネタバレに

※基本的な最短チャートのみ明記。明記されて無い部分を色々調べるのは可能です


シナリオチャート 情報(人物・言ノ葉・作戦など)



▼ 第四話 命がつなぐ道(その一) ▼
<START>

 【戦略パート・その一】

  ■ 関ヶ原 西軍本陣
   ・たまきと会話 → どれでもOK
   ・兵士からの報告
   ・くノ一来訪

  ■ 大阪 石田三成の屋敷
   ・はつの情報を入手
   ・前田利家(まえだとしいえ)の情報を入手
   ・島左近と会話 → 全て選択
   ・言ノ葉・天下第一の実力者を記録
   ・言ノ葉・奉行を記録

  ■ 城下町
   ・進み方は、わかりましたか? → 「はい」(※いいえを選ぶともう1度説明してくれる)
   ・注目して人気のいない道を選ぶ(1) → 「右の道を進む
   ・注目して人気のいない道を選ぶ(2) → 「まっすぐ進む
   ・福島正則(ふくしままさのり)の情報を入手

   ・島左近と会話 → 全て選択
   ・言ノ葉・石田三成を成敗を記録
   ・佐竹義宣(さたけよしのぶ)の情報を入手
   ・注目 → 「”左の壁”
   ・所持品・細工品を入手
   ・藤堂高虎(とうどうたかとら)の情報を入手
   ・所持品・紙片 その一を入手
   ・注目 → 「”右の門”
   ・所持品・紙片 その二を入手
   ・黒田長政(くろだながまさ)の情報を入手

   ・島左近と会話 → 全て選択
   ・どこへ行くべきか…判断してください → 「徳川家康の屋敷


 【戦略パート・その二】

  ■ 伏見 徳川家康の屋敷
   ・本多正信(ほんだまさのぶ)の情報を入手
   ・本多正信と会話 → 全て選択

   ・説得開始
   ・発言 → 「奉行
   ・発言 → 「天下第一の実力者
   ・言ノ葉・聞き及んでいないを記録
   ・食い下がって、意味があるのか? → 「はい
   ・発言 → 『聞き及んでいない
   ・所持品・連判状を入手
   ・家康殿は、危険にはなりません。なぜなら → 『襲撃者は、本多正信
   ・使用 → 『紙片 その一 or その2 ※どちらでもOK
   ・強引に、押し入りますか? → 「どちらでもOK
   ・所持品・〔紙片 その三〕を入手
   ・所持品・〔連判状の一部〕を入手
   ・使用 → 『連判状の一部
   ・説得成功!

  ■ 徳川家康の屋敷内
   ・徳川家康と会話 → 全て選択

   ・説得開始
   ・発言 → 『石田光成を成敗
   ・口にした理由があったはずです → 『誰かに吹き込まれたから
   ・発言 → 『奉行
   ・わしが天下を治めることが → 『はい ※いいえでも進むが扇は落ちる
   ・天下から退いてもらうべきだ → 『いいえ ※はいでも進むが扇は落ちる
   ・自分が正しいと思っているか? → 『はい
   ・説得成功!

  ■ 島津隊陣地 裏手
   ・まだ、私が誰か、わかりませんか? → 「どちらでもOK
   ・はつの情報を入手
   ・はつと会話 → 全て選択
   ・戦場の外へ逃げるか、戦場へもどるか → 「もどる


 【戦略パート・その三】

  ■ 島津隊陣地 裏手
   ・はつと会話 → 全て選択
   ・言ノ葉・毛利隊との合流を記録
   ・毛利秀元(もうりひでもと)の情報を入手
   ・安国寺恵瓊(あんこくじえけい)の情報を入手
   ・吉川広家(きっかわひろいえ)の情報を入手
   ・言ノ葉・吉川広家の排除を記録
   ・信じていただけますか? → 「はい
   ・所持品・はつの書状を入手
   ・移動 → 「島津隊陣地」

  ■ 島津隊陣地
   ・島津豊久と会話 → 全て選択
   ・移動 → 「島津隊陣内」

  ■ 島津隊陣内
   ・島津義弘と会話 → 全て選択

   ・説得開始
   ・もはや、おぬしは大将ではない → 『違います
   ・意思を押し殺し、おぬしに従え、ということか? → 『 違います
   ・我らを死地へ追いやるのか? → 『そのとおりです
   ・土下座せよ、ということだ → 『しない
   ・説得成功!

   ・合戦パート(その一)へ

<END>








※以下、若干ネタバレてますので閲覧にご注意



▼ 情報(人物・言ノ葉・作戦) ※回想※ ▼
種 類 名      称 内                  容
人物(西)  石田三成(いしだみつなり)  豊臣家の家臣。政治の中枢をになう奉行の職についている。
 豊臣秀吉(とよとみひでよし)  かつての天下人。故人。
 島左近(しまさこん)  石田三成の家臣。すぐれた戦術家として知られる。
 はつ  石田三成に仕える侍女。
 前田利家(まえだとしいえ)  豊臣秀吉の友人であり、秀頼の後見人だった実力者。故人。
 佐竹義宣(さたけよしのぶ)  三成の旧友。伏見に屋敷を持っている。
人物(東)  徳川家康(とくがわいえやす)  東軍の総大将。天下第一の実力者。天下を狙う動向を見せる。
 藤堂高虎(とうどうたかとら)  豊臣家臣だが、東軍に属する。忍の扱いに長けた、智恵者。
 福島正則(ふくしままさのり)  豊臣家の家臣。秀吉に重用されていた、子飼いの武将。
 黒田長政(くろだながまさ)  豊臣家の家臣。名軍師の父は、秀吉に重用された。
 本多正信(ほんだまさのぶ)  徳川家康の家臣。もとは鷹匠。知謀に優れ、家康に重用されている。
言ノ葉  天下第一の実力者  島左近の言葉。徳川家康は、天下第一の実力者。
 奉行  島左近の言葉。石田三成は、政治の中枢をになう奉行である。
 石田三成を成敗  福島正則の言葉。天下を狙う石田三成を成敗する。
 聞き及んでいない  本多正信の言葉。石田三成が何者かに襲撃されたことを知らない。
所持品  細工品  忍が持っていた細工品。藤堂家の紋が彫られている。
 紙片 その一  忍が持っていた紙片。ある書状の左上の一部。「藤堂」と、その右に、「本」と書かれている。
 紙片 その二  忍が持っていた紙片。ある書状の左下の一部。「虎」と、その右に、「信」と書かれている。
 紙片 その三  連判状から破れた紙片。左上と左下が欠けている。「高」と、その右に、「多正」と書かれている。
 連判状  石田三成の襲撃計画が書かれた連判状。左端が破れている。
 連判状の一部  連判状から破れた紙片。各紙片をつなぎ合わせた。「藤堂高虎」と、その右に、「本多正信」とある。
▼ 情報(人物・言ノ葉・作戦) ※合戦当日※ ▼
種 類 名      称 内                  容
人物(西)  石田三成(いしだみつなり)  西陣の大将。豊臣家を守るため、家康に対する。
 豊臣秀吉(とよとみひでよし)  かつての天下人。故人。
 たまき  島左近の娘。父親にかわって、石田三成を補佐する。
 島津義弘(しまづよしひろ)  西軍の武将。「鬼島津」と恐れられる、歴戦の猛者。
 島津豊久(しまづとよひさ)  西軍の武将。島津義弘の甥。
 はつ  藤堂高虎に仕えるくノ一。かつて、侍女として、石田三成に仕えていた。
 毛利秀元(もうりひでもと)  西軍の武将。西軍の総大将・毛利輝元の名代として、軍を率いる。
 安国寺恵瓊(あんこくじえけい)  毛利家の家臣。外交手腕に長ける。僧侶の身で、大名になった。
 吉川広家(きっかわひろいえ)  毛利家の家臣。実力と実績のある武将で、大きな発言力を持っている。
人物(東)  徳川家康(とくがわいえやす)  東軍の総大将。天下第一の実力者。天下を狙う動向を見せる。
言ノ葉  毛利隊との合流  はつの言葉。勝利のために、毛利隊と合流する必要がある。
 吉川広家の排除  はつの言葉。毛利家の進軍を阻止する、吉川広家を排除する。
所持品  大谷吉継からの書状  大谷吉継が石田三成に宛てた手紙。「視野を広く持て」と助言が書かれている。
 はつの書状  はつから受け取った書状。徳川家康が、自ら書いた脅迫の書状。あて名が書かれていない。






BACK