■ 逆転検事2 >> 捜査手帳・人物ファイル ■

捜査手帳の人物ファイル一覧です。この話に誰がでるの?とかに
解説はネタバレ防止の為、登録された直後のものです。(変化した部分は各チャートにて)


第1話 第2話 第3話 第4話 第5話



▼ 第1話 「逆転の標的」 ▼
名    称 入手方法 解    説
 糸鋸 圭介(32) -  所轄署の刑事。殺人の初動捜査を担当。通称イトノコ刑事。
 王 帝君(58) 前編  現職の西鳳民国大統領。歓迎イベントの演説中に命をねらわれた。
 速水 ミキコ(20) 前編  大統領歓迎イベントの、取材に来たルポライター。スクープをねらっている。
 一条 美雲(17) 前編  自称・大ドロボウの少女。2代目<<ヤタガラス>>として真実を探している。
 田中 太郎(??) 前編  アイスクリーム屋。私が推理した<<暗殺者の条件>>を満たす人物。
 内藤 馬乃介(24) 前編  大統領のボディガードのサブリーダー。拳銃の扱いに慣れているようだ。
 外城 涯(35) 前編  事件の被害者。大統領のボディガードのリーダー。大統領を守って死亡した。
 虎狼死家 左々右ェ門(??) 前編  プロのコロシヤ。被害者の外城とは、インネンがあるらしい。






※以下、それなりにネタバレてますので閲覧にご注意



























▼ 第2話 「獄中の逆転」 ▼
名    称 入手方法 解    説
 一条 美雲(17) -  自称・大ドロボウの少女。2代目<<ヤタガラス>>として真実を探している。
 糸鋸 圭介(32) -  所轄署の刑事。殺人の初動捜査を担当。通称イトノコ刑事。
 内藤 馬乃介(24) 前編  事件の被害者。留置所に収監中に殺害された。死体は、刑務所で発見。
 信楽 盾之(36) 前編  弁護士。昔からの知人だが、会うのは数年ぶり。数年海外にいたようだ。
 折中 秀治(31) 前編  元ボクサーの囚人で、トレーニングマニア。ペットは白クマのマーク。
 水鏡 秤(26) 前編  裁判官。検事審査会の意思を伝える使者であり、メンバーの1人でもある。
 一柳 弓彦(17) 前編  検事審査会での意思で、私の代わりに事件担当に指名された。新人検事。
 猿代 草太(24) 中編  今回の事件の容疑者。おどおどした青年。人を殺せるようには見えない。
 美和 マリー(37) 中編  留置所と刑務所の所長。動物好きで、ふれあいを大事にしている。
 山野 星雄(47) 中編  刑務所の囚人。死体の第一発見者と思われるが…?
 鳳院坊 了賢(??) 中編  モウモクの元暗殺者。鈴の音とともに現れ、犬とナイフをあやつる。
 狼 士龍(27) 中編  国際警察で最高の検挙率をほこる捜査官。西鳳民国の出身。
 ミリカ(17) 後編  <<タチミ・サーカス>>の興行部猛獣使い課課長。猿代 草太の上司。


































※文字の下がピンクなのは、18年前の人物
▼ 第3話 「受け継がれし逆転」 ▼
名    称 入手方法 解    説
 信楽 盾之(36) -  御剣法律事務所の所長。かつて父の下で働いていた。IS-7号事件の関係者。
 信楽 盾之(18) 前編  御剣法律事務所でバイトをしている学生。弁護士を目指して勉強中。
 天海 一誠(39) 前編  私の依頼人。自他共に認める世界一のパティシエ。
 氷堂 伊作(38) 前編  本事件の被害者。天海さんが作ったお菓子の中で死んでいた。
 緒屋敷 司(16) 前編  天海の助手かつ使用人。ポール・ホリックの芸術作品を気に入っている。
 馬堂 一徹(42) 前編  本事件を担当する刑事。カモクな人物のようだ。
 風見 豊(36) 前編  お菓子コンテストに参加していたパティシエ。アメのお菓子が得意。
 デリシー・スコーン(??) 前編  パティシエの女性。目的のために手段を選ばないらしい。
 狩魔 豪(49) 前編2  本事件を担当する検事。25年間無敗という伝説を持っているそうだ。
 天流斎 マシス(26) 中編  またの名を矢張 政志。小学生のころからの親友。芸術家を気取っている。
 風見 豊(54) 中編  パティシエの男性。有毒ガスを吸ったため、秋の宮殿前で倒れていた。
 緒屋敷 司(34) 中編  12星座美術館の館長。天海の助手をしていた。歌や踊りが好きなようだ。
 デリシー・スコーン(??) 中編  薬剤師のイギリス女性。年齢不詳らしい。お菓子が大好物。
 糸鋸 圭介(32) 中編  所轄署の刑事。殺人の初動捜査を担当。通称イトノコ刑事。
 一条 美雲(17) 中編  自称・大ドロボウの少女。2代目<<ヤタガラス>>として真実を探している。
 水鏡 秤(26) 中編  裁判官。検事審査会の意思を伝える使者であり、メンバーの1人でもある。
 一柳 弓彦(17) 中編  自称一流検事。実態は推理なき推理をふりかざすトンデモ検事。
 氷堂 伊作(故人) 後編  IS-7号事件の被害者。死体発見後、死体がどこかへ消えていた。
 天海 一誠(57) 後編  IS-7号事件で有罪判決を受け、刑に服している。


































▼ 第4話 「忘却の逆転」 ▼
名    称 入手方法 解    説
 糸鋸 圭介(32) -  所轄署の刑事。殺人の初動捜査を担当。通称イトノコ刑事。
 武藤 瞳子(22) 前編  伊丹大学病院の看護師。人をつかまえては病気だという困った人物。
 一条 美雲(17) 前編  2代目<<ヤタガラス>>を自称していた少女。記憶喪失になってしまった。
 伊丹 乙女(60) 前編2  伊丹大学病院の院長。今回の事件で検死を担当している。
 狩魔 冥(19) 前編2  私の師匠・狩魔 豪の娘。国際警察と協力関係にある天才検事。
 一柳 弓彦(17) 前編2  自称一流検事。実態は推理なき推理をふりかざすトンデモ検事。
 水鏡 秤(26) 前編2  裁判官。検事審査会の意思を伝える使者であり、メンバーの1人でもある。
 籠目 つばさ(33) 前編2  事件の被害者。弁護士。検事審査会の一員で、水鏡の同僚だった。
 一柳 万才(68) 前編2  検事審査会の会長にして元検事局長。一柳検事の父。ヒジョウに涙もろい。
 信楽 盾之(36) 中編  御剣法律事務所の所長。私に弁護士への道を勧めている人物。
 宝月 茜(18) 中編  カガク捜査官を目指す高校生で以前の上司の妹。
 大沢木 ナツミ(25) 中編2  自称フリーカメラマン。過去に何度かスクープの写真を撮っている。


































▼ 第5話 「大いなる逆転」 ▼
名    称 入手方法 解    説
 一条 美雲(17) -  自称・大ドロボウの少女。2代目<<ヤタガラス>>として真実を探している。
 大沢木 ナツミ(25) -  自称フリーカメラマン。過去に何度かスクープの写真を撮っている。
 王 帝君(58) 前編  事件の被害者。西鳳民国大統領。仮設撮影所で死体が発見された。
 狼 士龍(27) 前編  国際警察で最高の検挙率をほこる捜査官。西鳳民国の出身。
 スタッフ(20) 前編  英都撮影所の道具係。死体の第一発見者。本名は、間宮 由美子。
 相沢 詩紋(13) 前編  怪獣映画の主演俳優。子供らしかぬタイドと、目つきの悪さをしている。
 水鏡 秤(26) 前編  検事審査会のメンバー。裁判官。大統領殺害への関与を疑われている。
 糸鋸 圭介(32) 前編  所轄署の刑事。殺人の初動捜査を担当。通称イトノコ刑事。
 信楽 盾之(36) 前編2  御剣法律事務所の所長。籠目弁護士の代わりに美和所長の弁護を担当。
 狩魔 冥(19) 前編2  私の師匠・狩魔 豪の娘。国際警察と協力関係にある天才検事。
 一柳 弓彦(17) 前編2  一流きどりの新人検事。父が犯罪者だったことがショックでシッソウした。
 美和 マリー(37) 前編2  刑務所の元所長。被告人。内藤 馬乃介殺害容疑で、裁判にかけられている。
 ミリカ(17) 前編2  <<タチミ・サーカス>>の興行部猛獣使い課課長。猿代 草太の上司。
 猿代 草太(24) 前編2  <<タチミ・サーカス>>の猛獣使い見習い。裁判の傍聴で来ていた。
 荷星 三郎(25) 前編2  英都撮影所のアクション俳優。ボルモス役で撮影に参加している。
 速水 ミキコ(20) 前編2  スクープをねらっているルポライター。師匠は大沢木 ナツミのようだ。
 一柳 万才(68) 前編2  検事審査会の会長であり、闇オークションの主催者。殺人容疑で捕まっている。
 内藤 馬乃介(24) 前編2  王大統領のボディガード。留置所に収監中、殺害された。
 鳳院坊 了賢(??) 前編2  モウモクの元暗殺者。3日前の夜、刑務所からダツゴクし行方不明。
 虎狼死家 左々右ェ門(??) 前編2  プロのコロシヤ。ひょうたん湖公園で王大統領の命を狙っていた。
 亀井 隆二(故人) 中編  12年前の事件の被害者。フリージャーナリストで、籠目 つばさの恋人。
 籠目 つばさ(33) 中編  検事審査会の一員。亀井のカタキを討とうとして命を落とした。






BACK