■ ラストウィンドウ 真夜中の約束 >> サブイベント・小ネタ ■

本編とは別のサブイベントや小ネタなど


自販機の王冠キャンペーン ラッキーズ・カフェの懸賞パズル クリア後のおまけ 他/小ネタ



▼ 自販機の王冠キャンペーン ▼
 1階ロビーにある自販機に「コイン」を入れるとジュースを買う事が出来る
 飲んだ後に蓋の王冠の裏に「当たり」が出たら、カフェのマスターかパトリス夫人に渡す→景品ゲット!

 もらえる賞品は、「ピンキーラビットランド」という、ゲーム&ウォッチ風のミニゲーム
 入手後はアイテム画面でいつでも遊ぶことが出来る。人々に見せて反応を楽しむ事も可能
 本編クリア後は、小説画面の下にアイコンオープン。いつでも遊ぶことが出来る

  ※コインは、CHAPTER3〜4の間に計8枚手に入る
  ※ジュースは1日1本のみ購入可能
  ※買える期間は、CHAPTER3〜6(自販機撤去前日)の4日間のみ
  ※味は、「CHERRY」「ORANGE」「COOLPOP」「GRAPE」「LIME」「APPLE」の6種
  ※どの味を買うかは当たり判定に影響ないが、CHAPTER6で買った味は小説の記述される
  ※CHAPTER6では、ここまでで「当たり」を出していないと必ず当たる
  ※【当たりの王冠】の交換は、CHAPTER9でスティーブと4階奥へ行く前までならOK
  ※ゲーム内でゲットしていなくても、クリアするとおまけとしてオープンする







▼ ラッキーズ・カフェの懸賞パズル ▼
 ラッキーズ・カフェの謝恩イベント。パズルを解いて応募して、【1000ドルの小切手】をゲット!

 ・CHAPTER3(12/20)のラッキーズ・カフェで【クイズの応募用紙】を入手
 ・パズルを解いてマスターに渡すと、【応募券の半券】を入手
 ・懸賞結果はCHAPTER6(12/23)にラッキーズ・カフェの壁に張り出される
 ・結果を見た後、マスターに【応募券の半券】を渡すと、【1000ドルの小切手】と交換してくれます

  ※応募期間は、CHAPTER3〜5。(CHAPTER5は5:00PMのポケベル鳴って自分の部屋に戻るまで)
  ※クイズのルールはクロスワードではなく、いわゆる「スケルトン」というパズル
  ※カフェ内にあるキーワード(英単語)を枠のマス内に全て入れればOK
  ※キーワードは、『 ICED、JUKEBOX、LUCKY、CAFE、BEEF 』の5つ
  ※応募すれば、必ず当たります


 【1000ドルの小切手】の使い道

   【1000ドルの小切手】を持っていると、一部の会話が変化
   相手に渡すか渡さないかの選択肢が出現します。変化するのは以下の3人

    ・CHAPTER7 スティーブ
    ・CHAPTER7 シドニィ
    ・CHAPTER9 マリー

   最後まで渡さないでいると、自動的にマリーに渡すことになります







▼ クリア後のおまけ ▼
 本編をクリアすると、「エピローグ」、「おまけ」、「ピンキーラビットランド」、「ナインボール」が追加

  ・エピローグ : 小説の「第十章」の後に続いている。ゲームでは語られてないそれぞれの後日談
  ・おまけ : エピローグの後ろに付いている袋とじ。ケイプウエストをめぐる事件の年表
  ・ピンキーラビットランド : 自販機の【当たりの王冠】でもらったミニゲーム
  ・ナインボール(※) : ビリヤードのナインボールが遊べるミニゲーム

  ※ナインボールは、クリア前に袋とじを開けるとオープンしませんので注意!
  ※袋とじを読みたい時は、読んで即リセットか、クリア後がオススメ。オープン後は読んでも消えません
  ※ピンキーラビットランドは、ゲーム内でゲットしていなくても必ずオープンします
  ※クリア前に袋とじを開けるとジュークボックスもコンプしないようです


 【2周目はないの?】

  ・今作は2周目自体はありませんが、1度読んだ部分は早送りが可能になっています
  ・あと、複数の解法がある謎解きや細かい分岐があるので、自ら色々試して小説の変化を楽しむのも手です







▼ 他/小ネタ ▼
 【テレビ】

   202号室のテレビはイベントを含め、いつでも見る事が可能
   チャンネルは、古いアニメ(ピンキーラビット)、ニュース、ジュースのCM、古いドラマの4種類
   各チャンネルに画面は何種類かあり、見る時間によって変わる
   お約束の、「ジャパニーズ・スパイ(ニンジャ)」もあり

 【ラジオ】

   202号室の窓際にあるラジオはイベントを含め、いつでも聞く事が可能
   チューニングは、AM700、AM1000、AM1100の3種
   イベントで聞く以外は、3チャンネルともウィッシュルームの曲が流れる
   ラジオで聞くと、ジュークボックスにも格納される

 【袋とじが破けると】

   小説の各章にある袋とじを開ける時、勢いよく開けるとビリっと破ける
   その破けた部分は、セロテープで直した状態になる。芸が細かい

 【アナザーコード:Rとの繋がり】

   1階ロビーのパトリスの部屋の扉の横に湖の絵を調べると、カイルが「ジュ……ト・レイク?」と言うが、
   これは「アナザーコード:R」の舞台でもある「ジュリエット・レイク」との事だと思われる。
   もう1つは2つのシリーズに共通の「ピンキーラビット」と「ジャパニーズスパイ」。共によく出てくる。

 【スノーグローブを売る】

   CHAPTER5のセールスイベントの時、【スノーグローブ】も売ることが可能。
   買ってくれるのは、スティーブ、マリー、ベティの3人。最初のセールスが成功した後、もう1度話し掛けると、
   追加で買ってくれる。ただし、売ってもノルマには無関係。誰に売ったかで、小説部分にも変化がある。

 【イブのカフェの選曲で】

   CHAPTER7でラッキーズ・カフェで店に流れる曲をジュークボックスから選ぶ事になる
   この時の選んだ曲によって、後から来たスティーブの反応が違う。反応は以下の10種類

    ・なんだか、今夜はセンチメンタルな気分に浸れそうだ
    ・この曲… 胸に迫るものがあるな
    ・おっ 渋いね さすが、あんたらしい選曲だ
    ・この曲、いいよな 俺も気に入ってる
    ・いいね、心躍る曲だ 気分が乗ってきたぜ
    ・いいね しっとりしててイブの夜にぴったりだ
    ・ハイドさん、あんた変わった趣味してるんだな
    ・さすが、ハイドさん わかってるね
    ・そうだったのか いい曲だな
    ・(まったく反応なし)

 【特別画像有りのゲームオーバー】

   CHAPTER7で、ラッキーズ・カフェのマスターの言動にキレるゲームオーバーと、
   CHAPTER9で、屋上のマリーの騒動で失敗するゲームオーバーには、専用のアニメが用意されている
   CHAPTER10で、4階で襲った犯人を間違えるゲームオーバーには、専用のCGが用意されている







※T様、A様、情報ありがとうございました。





BACK